夜釣りでNight!

釣りはいつでも片想い♪

ライン・針・小物

ライン・針・小物

2017/08/16

ラインは、これもまた、いろんなメーカーから出ています。狙う魚で、あまり種類分けされていないラインを何で選ぶのか??? 僕は、浮き沈みの程度と、何キロ絶えるかという、ナイロンでいう号数、またはlbを先に見て、あとは、フロートか、シンキングタイプかで選びます♪ ラインの沈み方もタイプ1とかいろいろあるけれど、基本的に道糸は、やや柔軟性のある根擦れに強そうなコメントか載ってあるものに飛びつきます(笑)今のところ、めちゃくちゃ弱いやんというラインには出会っていませんが、いつもと違うラインを使うとドキドキ感が増しますので、一度お試しください♪
ハリスも、いろいろ使用した結果、今はほぼ、このハリスオンリーになっているような気がします。かなり使い慣れた感があるので、結ぶときも、力加減を気にせずに結ぶことができます♪ まあ、ハリスも変えるとスリルを味わえるんですがね(笑)

フックは、とても種類が多くて、エサ釣り・ルアー釣りで選ぶのが楽しすぎる(笑)
ターゲットの釣り方に合わせて、私はいろいろ試しながら決めるほうですが、形がいいとか、強そうとか、掛りが良さそうとか、勝手に自分で決めてしまいます。フックの一番の決め手は、やはり掛りが良くて、折れない、曲がらない、そしてスリムというのがお気に入りです。
最近は、光るフックや、光るルアー、光るソフト、光を放つ種類が多く見受けられますね。やはり光に弱いのか? 魚に聞いてみなわからんけど、一度試しでやってみようかなと思っているんですが、何をターゲットにするのか迷っているところです(笑)
1つのフックの選択で、せっかくの大物をバラシたりしないように、フック選びはターゲットを思い浮かべて、本気モードで選びたいです♪

オモリ・小物もたくさんありますよね。特にエサ釣り用は、めちゃくちゃあるような気がいたします。スイベル1つにしても、何種類ものスイベルが、オモリにしても、かみつぶしタイプや、中通しタイプ、脱着式とか、どれだけあるねんと、いつも楽しく怒っています♪ 最近は、オモリも蛍光タイプがありますね。
ウキストッパーや、潮受け、全層スイベル、SICスイベルとか、何をどう使うのかは、長年釣りをやっていると、スッと頭に入ってくるのは僕だけでしょうか(笑)
あと、画像にはないですが、はさみや、フィッシュキーパーや、針外しやら、シャープナー、小物を見て回っていても、全くと言っていいほど飽きない僕です(笑) いや~、本当に小物を見るのって楽しいですね♪

右から、ヒロミ産業「エビ撒き0.5」 釣研「LFレーザー/B」 キザクラ「NF dongring/B」 電気ウキです。最後のは、1号の円錐ウキを改造した自作(ケミ使用)です。
棒ウキは近場、釣研「LFレーザー/B」 キザクラ「NF dongring/B」は遠投用で、自作は、浅場の中距離用、水深がない場所で、あまり明るいのを使いたくないのと、そこそこ投げれるウキを、1号の使用しない円錐でつくりました♪
ウキ止めを使用しないで、全層を探りながら落としていくという、イソメを使った釣り方です。潮が速いときはオモリとウキ止めを追加して、ウキごと沈めていくこともあります♪ ほぼラインに当たりが出るので、電気ウキが見えなくなっても大丈夫です♪ 電気ウキの役割は、仕掛けがどこに在って、潮の流れはどっちだということを把握できれば、僕的にはOKです♪ 今一番気に入っているのが、キザクラ「NF dongring/B」違和感なく入っていくし、遠投も楽々で、ガンガン護岸に当てても丈夫です(笑) ただ、電池(R425)を2本使うんだな・・・

-ライン・針・小物