夜釣りでNight!

釣りはいつでも片想い♪

ライフジャケット

ウエア

2017/08/16

服装
夜釣りのときは蛍光タイプの明るい色の服装を着ると、突然誰かと擦れ違ったりしたときに、驚くことも、驚かせることもありません。黒っぽい服装だと、見えなくてびっくりすることも多々あります。釣りに集中しているときは、特に驚いてしまいます(笑)
服装は季節にもよりますので、やはり季節に合った動きやすい服装がベストですよね。
夏は速乾性のもの、冬は防風・防寒・透湿性能のあるもの。それぞれ季節にあったインナーを選ぶのも快適な釣りをするためには重要です!
ちなみにこのファッションは、ジャケットが、いってみヨーカドー!で、ズボンはユニクロのカーゴです♪ (笑)

レインウエア
天候の怪しい時や、雨の日には必需品です。釣りメーカーのものは結構な値段がするので、良さげなやつはないかと、アウトドア用で探してみました♪
最近ちまたで噂の、モンベルです。レインダンサーという、モンベルのスタンダードタイプ♪ ゴアテックス・ファブリクスという素材で動きやすく蒸れにくい、撥水性もあり肩に縫い目が無い\(◎o◎)/!とにかく軽いというところが気に入りました♪ お値段もお手頃ですしね♪
(お手入れは邪魔くさいですが・・・)
全天候型になると、これまた悩むかもしれませんが、あくまでもスタンダードです。あくまでも(笑)
僕のような、よう釣らん子は、メーカー名のデカデカ入っているのを着ると、大変申し訳ないような気がして。。。(笑) でも、かっこいいのありますよね♪

フライベストはポケットがたくさんあるので、いろいろなものが整理して入れられて、フライだけではなく、いろいろな用途で使用可能です♪ 何せポッケが多いので、どこに何を入れたのか覚えておく必要はあるんですが、使い慣れると、自然と手が勝手に必要な物の入ったポッケに向かってくれます♪ 何でも慣れは必要ですね(笑)

Rivalleyのウェーダーです。川の中をジャブジャブ歩くときに使用します。その昔、ルアーの次にFLY FISHINGを始めまして、5年ほどやっていました♪
管理釣り場では、レインボウ・ブラウン・ブルック。渓流でアマゴ・イワナを狙って遊んでいました♪ 管理釣り場では釣れるのですが、なかなか渓流で結果を出すのは難しかった。マッチザハッチの釣りを心掛けて、気に入ったタイイングの本で勉強したり、フライキットをそろえたり、フライを見せてもらったり、実演まで見学していました(笑)
特に渓流では、このウェーダーがめちゃくちゃ役に立ちました。腰近くの深さまで立ち込めますからね♪ 夏前によく行っていましたから、川の中は涼しくて気持ちいいんです♪なので最近は、川に入らない代わりに、レインウエアの下に使っています♪ 今でも全く蒸れないし、水も浸透してこない優れ物で気に入っていますが、用を足すときに邪魔臭いんですよ、これが。(笑)

-ライフジャケット